VisiWork サービスと価格

VisiWorkサービス価格表
(サービスの構成と価格は予告なしに変更されることがあります)

「課題・問題点とサービスメニューとの対応」はこちら

無料個別相談会

タスク管理、スケジュール管理、テレワーク、VisiWorkサービスに関する無料個別相談会を随時開催しています。これらの課題や取り組みについての疑問点やご相談に対して、VisiWorkコンサルタントやアドバイザーがお答えします。

ご相談内容の例:

  • タスク・プロジェクト管理を進めたい
  • タスク・プロジェクト管理ツールについて知りたい
  • REDMINEについて知りたい
  • REDMINEの導入手順を知りたい
  • プロジェクト管理の手法を導入したい
  • EVM(出来高管理)を進めたい
  • マッシュアップによる営業系とプロジェクト系の連携について教えて欲しい
  • 一般的なシステム開発や要求分析の進め方について相談したい
  • その他ICT活用やテレワークについて相談したい

標準でオンライン会議形式となります。詳しくは、無料個別相談会をご覧ください。

VisiWorkなんでも相談

タスク・プロジェクト管理や業務可視化、あるいはREDMINEの選定や導入について、わからないことや疑問点への回答、アドバイス、あるいはちょっとした調査依頼など、VisiWorkコンサルタントやアドバイザーが引き受けます。

ご相談内容の例:

  • タスク・プロジェクト管理を進めたい
  • タスク・プロジェクト管理ツールについて知りたい
  • REDMINEについて知りたい
  • REDMINEの導入手順を知りたい
  • プロジェクト管理の手法を導入したい
  • EVM(出来高管理)を進めたい
  • マッシュアップによる営業系とプロジェクト系の連携について教えて欲しい
  • 一般的なシステム開発や要求分析の進め方について相談したい
  • その他ICT活用やテレワークについて相談したい

標準でオンライン会議形式となりますが、ご希望により、Slack、Chatworkなどのチャットツールの利用、あるいは、REDMINEを使用したプロジェクト形式での進行、それらの組み合わせなども可能です。(ツールの利用方法、利用料金などは別途ご相談いたします)

上記表中の標準価格は、1か月以内に、1件1時間を平均として5件のご相談を受ける場合の料金ですが、時間数の追加も可能です。なお、無料個別相談会を、VisiWorkなんでも相談のお試しとしてご利用いただくことができます。

REDMINEクイックセットアップ(QS)

クイックセットアップ(QS)は、標準1か月間で、REDMINEによるタスク管理を立ち上げるサービスです。本格的なプロジェクト管理的要件を満たすことは目標としません。これは、まずタスク管理を短期間で経験し、REDMINEというツールに慣れた後に本格的展開を目指すボトムアップ・アプローチに向いているサービスメニューです。

VisiWorkサービスはすべてオンラインで提供されます。お客様は基本的な要望、設定内容やテスト利用の結果、課題やその解決策などに関し、全国どこからでもオンライン会議(WEB会議)でVisiWorkアドバイザーとディスカッションを行うことができます。

お客様のご希望により、このクイックセットアップで利用するクラウド環境としてREDMINEの有償プラグインを提供する弊社パートナーのクラウド環境を最初の段階から利用することも可能です。この場合、例えばアジャイルウェア社のLychee REDMINEを利用することが可能です。

コンサルティング

REDMINEベースのプロジェクト管理 課題分析と解決策の検討

本来どのようなプロジェクト管理を行うべきか、トップダウンの視点を加味して検討し、REDMINEで実現できる部分できない部分を識別し、REDMINEで要求が満たせない部分に関しては代替案を検討します。

EVM(出来高管理)導入検証

EVM導入検証(コンサルティング)では、遂行予定あるいは遂行中のプロジェクトをいくつか選定し、それらプロジェクトに対してEVM手法を適用して分析を行います。打ち合わせはワークショップ形式で、プロジェクトの代表者が報告しコンサルタントを加えて全員でディスカッションを行う形式で進めます。

VisiWorkではEVMをサポートするREDMINEプラグインを利用しますが、それが利用できない場合は、BI(ビジネス・インテリジェンス)によってEVMのための情報ビューを構築します。

運用支援

アドバイザリー・サービス

アドバイザリー・サービスではVisiWorkアドバイザーが、REDMINEの設定や操作方法、またREDMINEへインポートするデータの作成方法やエクスポートされるデータの活用方法などをアドバイスします。

データ入力・更新代行

VisiWorkアドバイザーはお客様の情報セキュリティー方針により、リモートから簡単な設定やデータの一時的な入出力も代行します。例えば、お客様環境のREDMINEにアクセスが許される場合は直接的にそれを行い、リモートデスクトップが提供される場合は、そこから操作を行い、運用を支援します。そのようなアクセスが許可されない場合、リモートからの設定やデータの一時的な入出力に代行は困難になりますが、その場合でもオンライン会議の画面共有などで操作方法を助言し支援いたします。

大量のデータ入出力についても事前にご相談いただくことにより訓練されたオペレータを配置して操作を支援いたします。VisiWorkではチケット一括投入更新ツール(Ticket Manipulation Tool)を開発しておりますので、このような操作も最小限の人手の介在で効率的に行うことができます。

ユーザー専用ツール開発

REDMINEは幅広い範囲の機能を提供しておりますが、情報提供の手段が豊富に用意されているとは言えません。そこで、このサービスでは各種の情報ビューの要求に応えるため、BI(ビジネス・インテリジェンス)の機能をユーザー専用に開発します。

また、チケットを大量に登録あるいは更新するためのツールをユーザーの業務の特徴を生かした形で開発し、作業の効率を向上させます。

「課題・問題点とサービスメニューとの対応」はこちら

支援プロセスについて

以上ご説明した各サービスメニューは、導入プロセスを、トップダウン・アプローチとするか、あるいはボトムアップ・アプローチとするかによっておおむね二通りの組み合わせ方があります。

トップダウン・アプローチでは、タスク・プロジェクト管理のあるべき姿やプロジェクト管理の要件分析を優先します。一方、トップダウン・アプローチでは、まずタスク管理レベルでREDMINEを立ち上げることを優先し、その後、プロジェクト管理のあるべき姿を分析します。

しかし、以下の図に示すように、それぞれのアプローチを組み合わせながら、進めていくプロセスも可能です。 また、EVM(出来高管理)などの取り組みを組み合わせることは、どちらでも可能です。

支援プロセスについて

「課題・問題点とサービスメニューとの対応」も合わせてご覧ください。

もっと詳しく知りたい…

お気軽にお問い合わせください

VisiWork、REDMINEの使い方、導入事例、あなたの疑問、質問にお答えいたします。無料個別相談会も開催しております。