カテゴリー
トピック 質問

【質問】 REDMINEの実績入力はモバイルでできますか?

記事ID:2551

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【事例】WEBサイト運営とREDMINE」にもあるように、REDMINEのユーザーにはスマートフォンでチケットの閲覧や更新をしたいというニーズがあるようです。

REDMINEはバージョン3.2からレスポンシブデザインに対応しているため、基本的にスマートフォンでの表示は可能ですが、チケットの登録や更新、作業時間入力の実際の使用感を確認してみました。

また、スマートフォンアプリ「RedminePM」についてもレポートします。

モバイルでの利用を試してみる

ここでは、オープンソースの標準REDMINE、Lychee Redmineクラウド版、EasyRedmineを対象に、基本的な機能であるチケットの登録と作業時間の登録を中心に比較しました。以下、それぞれのスクリーンショットです。

チケット一覧
左から、標準REDMINE、LycheeRedmine、EasyRedmine
チケット登録、更新
左から、標準REDMINE、LycheeRedmine、EasyRedmine
作業時間の一覧
左から、標準REDMINE、LycheeRedmine、EasyRedmine
作業時間の登録
左から、標準REDMINE、LycheeRedmine、EasyRedmine

REDMINEの標準機能について、オープンソースREDMINEとLychee RedmineのUIは基本的に同一です。一覧の表示はフリック(スライド)操作による横スクロールが必要などやや使いづらい面がありますが、登録、更新は実用可能なレベルです。対してEasyRedmineのUIは大幅に刷新されているため、一覧も含め使いやすく感じます。

REDMINEにはテーマという機能があります。テーマとは、REDMINEの配色、フォントなどの見た目を変更するための機能ですが、モバイルに適したテーマについても今後考察していきたいと思います。

クライアントアプリを試してみる

スマートフォン用アプリとして公開されているRedminePM を試してみました。iPhone/Androidに対応しています。

RedminePMはデータの取得と更新にREDMINE APIを利用しています。現在は以下の機能があります。機能は多くありませんが、自身が担当しているチケットの管理に特化しており動作が軽いのが特徴です。

  • マイタスクの表示
  • チケットの検索
  • チケットの参照、登録、更新、削除
  • Wikiの閲覧
左から、チケット一覧、チケット詳細、チケット詳細でステータスを変更している画面

専用アプリのためスマートフォンでも快適に操作ができました。また、サーバーとの通信にはREDMINE APIを利用しているため、ブラウザでアクセスする場合に比べデータ通信量が抑えられ、モバイル環境でもストレスなく利用できると思います。外出先でチケットを更新する機会が多い方にはお勧めです。

無料で利用可能ですが広告が表示されます。気になる方は課金(買い切り型)で非表示にすることもできます。

記事をお読みいただきありがとうございました。この記事についてわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。VisiWorkアドバイザーができる限りお答えいたします。

もっと詳しく知りたい…

お気軽にお問い合わせください

VisiWork、REDMINEの使い方、導入事例、あなたの疑問、質問にお答えいたします。無料個別相談会も開催しております。