カテゴリー
TIPS トピック

【TIPS】 目的のチケットを素早く探すには

記事ID:2564

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

REDMINEのチケットが増えてくると目的のチケット、データを探すのが大変になってきます。そこで活躍する機能がフィルタ、カスタムクエリです。 フィルタについてはチケット一覧画面に最初から存在するため使われている方も多いと思いますが、さらに、カスタムクエリを活用することで、様々な課題が解決できます。

以下は課題の例です。

  • 検索のたびに毎回条件を変更する作業が手間
  • 他のメンバーに作業を指示する際に条件がうまく伝えられず作業結果が期待したものと異なる
  • 外部システム向けのCSV出力作業を効率化したい

検索条件の設定にかかる一回当たりの手間はわずかなものです。それでも検索は日常的に繰り返される作業のため、条件設定の手間を省くことは、長い目でみると作業の効率化に大きく貢献します。

フィルタとは?

ご存知の方も多いと思いますが、REDMINEのチケット一覧やガントチャート、作業時間一覧などで指定できる検索条件の事です。チケット一覧では標準で「ステータス」=「未完了」が設定されています。

「フィルタ追加」から項目を選択し条件を追加することができます。下図の例では「担当者」を条件に追加しています。記事「【TIPS】チケットを上手く分類したい」でも紹介しているカスタムフィールドも検索条件として利用できます。

カスタムクエリとは?

フィルタ条件を保存したものをREDMINEではカスタムクエリと呼びます(クエリはデータベースへの問い合わせを意味する言葉です)。保存されたカスタムクエリは通常は画面右のサイドバーに表示されます。

カスタムクエリでできること

カスタムクエリでできることは以下のようにシンプルですが、

  • ワンクリックで保存した条件に合致するデータを検索、表示できます。
  • 一覧に表示する項目の取捨選択、並び順が指定できます
  • クエリの共有範囲を指定できます

上手く活用すれば様々な用途に適用できます。例えば以下のようなケースです。

  • カスタムクエリを共有すると誰もが同じ条件でデータを見ることができため、例えばリモートワークで画面を共有しなくても「○○のカスタムクエリを確認して」と指示すれば全員が同じ条件のデータを見ることができます。
  • なんらかの外部システムと連携するニーズがあったとして、外部システムが要求する項目とそれらの出力順を満たすCSVファイルを出力できます。
  • カスタムクエリはマイページの「チケット」ブロック(チケットに関する情報を表示するためのエリア)の条件として利用できます。マイページについては「【TIPS】 マイページを活用してチケットの更新を促す」を合わせてご覧ください。

また、カスタムクエリはAPIからの呼び出しにも使えるため、APIを利用したプログラム開発時にカスタムクエリを利用すると、目的のデータの取り出しが簡易になるメリットがあります。

記事をお読みいただきありがとうございました。この記事についてわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。VisiWorkアドバイザーができる限りお答えいたします。

もっと詳しく知りたい…

お気軽にお問い合わせください

VisiWork、REDMINEの使い方、導入事例、あなたの疑問、質問にお答えいたします。無料個別相談会も開催しております。